So-net無料ブログ作成

瀬戸大也 日本人初の金メダル ライバルとの見えない戦い [スポーツ]

スポンサーリンク
語学力を活かそう!ジョビカム





スペイン・バルセロナで開かれていた水泳の世界選手権最終日の4日(2013年8月)、

400メートル個人メドレーで、19歳の瀬戸大也(早稲田大)が金メダルを獲得した。

期待の萩野公介(18歳、東洋大)は失速して5位に終わり、萩野を追っかけていたテレビもこけた。


571fbbfc.jpg



レースをリードしていたのは萩野だった。

自由形の350メートルのターンでもトップだったが、ここから瀬戸が猛然と追い上げた。

終わってみれば、大逆転の金メダル。この種目で日本人初だ。

萩野に敗れてロンドン五輪を逃した瀬戸の見事な雪辱戦となった。



レース後、電光掲示板をみた瀬戸は「やったぁ」と叫んだが、隣コースから萩野が手を伸ばして祝福した。

瀬戸は「萩野君の活躍を見て奮起した。最高のパフォーマンスができた」という。






2人は小学校時代からのライバルだ。

昨年4月の日本選手権(五輪予選)で、日本新で勝った萩野に対して、瀬戸は3位で代表を逃した。

その萩野が銅メダルを獲ったのを見て奮起した。

秋の国体、短水路世界選手権で萩野を制した。

今年4月の日本選手権は萩野が5冠となったが、5月のジャパンオープンで瀬戸が雪辱している。



2人の泳ぎは対照的らしい。萩野の得意は背泳ぎと自由形、瀬戸はバタフライと平泳ぎだ。

今大会でふたりとも200㍍、400㍍個人メドレーにエントリーしたが、2日に行われた200メートルでは、萩野の銀メダルに対して瀬戸は7位に終わった。

ただ、今レースでは、瀬戸は予選で萩野を抑えていた。


【到着後レビューで送料無料】【2013年/秋冬NEWカラー】男性競泳水着 speedo(スピード)SD72C05 メンズ

価格:5,570円
(2013/8/6 13:39時点)
感想(175件)







スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。