So-net無料ブログ作成

トヨタ 新型カローラHV披露 環境志向に熱い視線 [ニュース]

スポンサーリンク
語学力を活かそう!ジョビカム






トヨタ自動車は6日、「カローラアクシオ」「カローラフィールダー」のハイブリッドモデルを発売した。

新宿ステーションスクエアでは、「カローラフィールダー」のジーンズラッピングカーも展示された。


001l.jpg



今回追加されたラインナップは、

ハイブリッド車の「カローラアクシオ HYBRID」

「カローラアクシオ HYBRID G」「カローラフィールダー HYBRID」

「カローラフィールダー HYBRID G」と、特別仕様車「カローラフィールダー HYBRID G "AEROTOURER・W×B"」。

クラストップレベルのJC08モード走行燃費33.0km/リットルを実現したのが最大の特徴となる


002l.jpg



この日は記者説明会も実施され、製品企画本部主査の中村寛氏らが出席。

「カローラは昨年5月のフルモデルチェンジ以来、お客様から強くハイブリッド車の要望をいただいていました。

ハイブリッドらしい先進性や環境性能に加え、スムーズな走りや内装の上質さなどもこだわり、開発を進めました」と挨拶した。



中村氏の説明によれば、カローラをフルモデルチェンジする時点でハイブリッド車も想定していたそうだが、

「ハイブリッド志向・環境志向がこれほどまでに高いとは読めておらず、ガソリン車で燃費を良くするのがカローラのポジションだと考えていました」。

ハイブリッド車の要望が多数寄せられたことを受け、1年2カ月という短期間で開発、発売にこぎつけたという。






「それだけハイブリッド車が広く利用され、価格の面でも手に届きやすくなり、身近になったということ。

いわゆる大衆車であるカローラにも導入することで、

『ハイブリッド車の第2世代』を迎えつつあるのではないか」と中村氏。

なお、カローラのハイブリッドモデルはトヨタ自動車東日本の宮城大衡工場で生産するとのことで、「宮城県初のハイブリッド車の生産を通じて、微力ながら東北の復興に貢献したい」(中村氏)と述べた。


トヨタ カローラ H16年【お買い得車市場対象車両】

価格:399,000円
(2013/8/7 12:29時点)
感想(0件)








スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。