So-net無料ブログ作成

サザン息子 桑田裕宜がバンドREAD ALOUDとしてデビュー [音楽]

スポンサーリンク
語学力を活かそう!ジョビカム






桑田佳祐さんと原由子さんの長男・祐宜(ゆうき・27才)さんが、

昨年11月にロックバンド「READ ALOUD」(リード・アラウド)でCDデビューしていたことが明らかになった。


kuwata-yuki.jpg


[以下引用]
「祐宜くんは、このバンドでギター&ボーカルを担当して、桑田さんと同じように作詞・作曲も手がけています。

今年6月にはセカンドアルバムもリリースして、今はバンドの名前を売るために、全国のライブハウスを回って、地道な音楽活動を続けているんです」(音楽関係者)


7月下旬、記者は『READ ALOUD』のライブが行われた群馬県高崎市のライブハウスを訪れた。

「どうもREAD ALOUDです!」

ステージの真ん中に立った彼は黒縁メガネをかけ、あごひげを生やしていたが、どことなく桑田の面影がある。

歌い始めると、しゃがれた声質、押し出し感に溢れた声量、そしてその癖の強い歌い方に至るまで、父と瓜ふたつだった。
[女性セブン]



ということだが、祐宜さんは高校時代からバンド活動をしていて、これまでもデビューの誘いはあったものの、

「親父と比べられるのは嫌だ」と断っていたという。








A [ READ ALOUD ]

価格:1,500円
(2013/8/9 14:51時点)
感想(5件)






また、桑田さんも「まだ実力が足りない。どうしてもデビューしたいのだったら、絶対に“桑田”の名前を使うな。

それでもデビューさせてくれるところがあるなら、すればいい」と突き放していたんだとか。


それがなぜ突然、デビューしたのかというと、きっかけは桑田さんの病気だったという。




[以下引用]
「祐宜が桑田さんの病気のことを外で口にすることは、ほとんどありませんけど、病気になってからは、

雰囲気がガラリと変わりました。“もう親には心配かけられない”といった感じで…。

それまで趣味感覚でやってたバンドも、本気でデビューを目指してくれるメンバーにチェンジしたりと、真剣に音楽に向き合うようになっていきました」(桑田家の知人)



そんな息子の姿を見て、桑田も頑なだった心を変えていく。わが子が本気で自分の生きる道を見つけてくれた喜びに、父は胸を熱くした。


「あれだけ祐宜のデビューに反対していた桑田さんが、ついに“OK”を出したんです。

しかも、桑田さんのレコード会社と所属事務所が全面的にサポートしていて、万全の体制を敷いているんです。

大病したことで桑田さん、“元気なうちに、親として息子にしてあげられることはなんだろう”って思ったようです」(前同)
[女性セブン]


ピースとハイライト(完全生産限定盤 “胸熱35”カートンBOX) [ サザンオールスターズ ]

価格:2,050円
(2013/8/9 14:49時点)
感想(193件)






ただ、彼はあくまでもミュージシャンであって、親の七光りだけで活躍できるほど甘い世界ではないことは理解しているはず。

今後、自分自身の力でどこまで世間を認めさせるのか、注目してみたいと思う。






スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。